どうなんだ?

クリッカーでクリックしたら毎回ご褒美を上げるか否か

前回のDLCプロの本講義の時にでた話なんだけど

個人的にはやっぱり、毎回ご褒美を上げるのがいいかと

いわゆる ご褒美とは一次強化子なので
学習しなくても欲しがる物・刺激ということですよね?

クリッカーのクリック音は二次強化子
もともとは何の意味もない中性刺激と一次強化子(無条件刺激)を対提示することで
犬にとって意味を持つようになった刺激?

強化子は行動の後に提示されるとその行動の生起頻度が増えたり減ったりする刺激

クリッカーの『カチン』も強化子という意味では、
『カチン』自体がご褒美として作用するのだけど、

何かこれって言語がある人間的なお約束っぽくないですか?

『カチン』を色々な強化子と結びつければ、
私たちが欲しがる『お金』のような般性強化子になって、
ようは、お金をもらってもお腹は満足しないけど
とにかく欲しい、『どれだけあっても困らんよね』ってなるのか?

大体、犬は貯金しないし
トークン経済システムが言語がある人間にしか使えないなら(違うかも)
お金とトークンって犬目線で見ると似てないかな?
っと思うのですがどうなんでしょ?


で、
クリッカートレーニングの利点の一つが
犬が離れていて直接食べ物などの一次強化子を与る事が困難なときにも
『カチン』の音で今の行動が正解ですよと伝えることが出来るところだとおもうのですが

実際シェーピングでハウスに入ってもらう行動を教えるときなんか
『カチン』と鳴ったらご褒美を取りに来ると思うのですが
そのときには、一次強化子の食べ物を与えずにシェーピングを続行するということなのかな?

だったら、単純に強化スケジュールに乗せて『カチン』を鳴らす頻度を加減した方がいい気がするのですが
どうなんでしょ?

実際にやってみてどうなるのか、

ちょっと目の前で見てみたい気がする今日この頃です。

専門用語に自信が無いので?を多させて頂きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Pooches
2012年11月11日 22:07
おっしゃってることよくわかります。ウンウン。「カチン」の利点を最大限に生かすには、連続強化が必要なプロセスにだけ使用するのがやっぱり 反射がよく行動形成が容易くなるとおもう。もしくは、部分強化で間欠的にならすか。 ですかねーおっしょ様
竹内
2012年11月12日 08:46
だれが坊さんやねん!

この記事へのトラックバック